フリーランスのシステムエンジニアとして稼ぐためのスキル

稼ぎたいなら、システムエンジニア!

必要になるスキルとその磨き方

必要になるスキルとその磨き方

フリーランスエンジニアになるために必要なスキルを徹底的に磨こう!

稼ぐフリーランスエンジニアに必要なもの

会社員のときにシステム開発の全工程を経験したことがあれば、フリーランスになっても違和感なく仕事ができるでしょう。仮に小規模な開発案件しか経験していなかったとしても、経験があれば大規模な開発プロジェクトに参画できるチャンスはあります。会社員のシステムエンジニアとして働いた経験があるならば、フリーランスエンジニアになっても普通レベルの仕事は問題なくこなせます。多くを稼ぐフリーランスエンジニアは、システムエンジニアとしてでなくプログラマーとしてのスキルも持っています。経験豊富でスキルが高いほど、収入面で有利になっていくことは確実です。プロジェクトマネージャークラスの案件なら報酬は月100万円を超えることもあります。高報酬を目指すなら、自分のキャリアプランを明確にしておくことが大切です。

フリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアにとって欠かせないスキルといえば、やはり開発に関する業務のスキルです。システム開発の要件定義、設計、プログラミング、テストなど、一連の流れを仕事として経験している必要があるでしょう。これらのスキルは、会社員のシステムエンジニアであれば業務として経験できることです。会社員でシステムエンジニアだった経験がないままフリーランスになるとしたら、経験者から仕事のやり方について教えてもらう必要があるでしょう。プログラマーとしての業務がないとしても、プログラミングの基本的なスキルは必要です。Ruby on Railsなどのスキルも身につけておいたほうがいいでしょう。
業務としての経験がない場合でも、プログラミング言語については独学で身につけられることがたくさんあります。参考書やインターネットの情報などを頼りに勉強したり、オンラインスクールなどを利用したりと、プログラミング言語を学ぶ方法はいくつもあります。技術的な問題がクリアできていたとしても、営業ができなければフリーランスは仕事になりません。営業経験がなく苦手意識もある場合には、営業のノウハウを学びスキルを上げていく必要があります。営業活動の中には、自分のスキルや実績をただアピールする活動だけでなく交渉のスキルも含まれます。交渉のスキルは実践で磨いていくしかないスキルですが、対等な交渉ができるだけの根拠を持つことで自信を持って交渉に臨むことができます。フリーランス市場の動向をキャッチし、相場を正しく理解しておくことも重要です。そのためには、こまめな情報収集を欠かさず、常に最新の業界事情に通じておくことです。

NEW TOPICS

  • システムエンジニアはなぜ稼げるのか システムエンジニアはなぜ稼げるのか

    システムエンジニアは、コンピューター関連の開発に関わるエンジニア全般のことです。努力次第で稼げるのは、学歴ではなくスキルで価値を評価されるからです。業界全体が成長産業であるということも、高収入を支える要素のひとつです。

  • 社会人としての常識を身につけておく 社会人としての常識を身につけておく

    フリーランスは会社などの組織に属していないことから、自分なりのやり方で仕事ができます。しかし、クライアントからの信頼を得るためには、社会人としての常識やビジネスマナーの基本を身につけておく必要があります。

  • メリットは?実際のフリーランスエージェントをご紹介 メリットは?実際のフリーランスエージェントをご紹介

    フリーランスエージェントには、仕事を安定させられること、営業に使うはずだった時間を有効に使えること、税金面でのサポートを受けられること、精神面でのサポートも受けられることなど、利用するメリットが数多くあります。

高単価案件を狙うならエージェント

Recommended Articles