稼ぐフリーランスシステムエンジニアの常識

稼ぎたいなら、システムエンジニア!

社会人としての常識を身につけておく

社会人としての常識を身につけておく

稼ぐフリーランスのシステムエンジニアに「なる」こと以上に考えたい「続ける」ための秘訣とは

社会人としての常識やマナーを習得しておく

フリーランスは自由で気楽なイメージがありますが、別の見方をすれば経営者としての責任を背負った従業員です。
どのような職種であれ、独立した以上は仕事に関するすべてのことを自分で取り仕切っていかなければなりません。システムエンジニアとしてのスキルには自信があっても、営業のスキルがなければ稼ぐフリーランスになるまでには時間がかかるかもしれません。 クライアントとのやりとりや仕事のメンバーと
のやりとりを円滑にするためには、社会人としての常識やマナーを身につけておく必要もあるでしょう。具体的には、丁寧な言葉遣いや名刺交換の基本、会議室における席順、ビジネスメールの基本などです。フリーランスのシステムエンジニアにとってスキルはとても重要ですが、それと同じぐらい重要なのが信頼です。言葉遣いや態度があまり良くないという印象を持たれてしまうなら、どんなにスキルがあっても次に呼ばれることはないでしょう。
フリーランスになると、会社員時代以上に失敗が仕事に響いてしまいます。致命的なミスで仕事を失ってしまうことがないよう、フリーランスになる前に社会人としての常識やマナーを学びましょう。新卒でフリーランスになる人は社会経験がないままフリーランスになってしまうので、学生時代にインターンなどで社会経験を積んでおけるかどうかがポイントになります。

フリーランスは信用で成り立っている

フリーランスが仕事を継続できるかどうかは、クライアントからの信頼をどれだけ得られるかにかかっています。多くのフリーランスは、取引をしたことがあるクライアントから継続的に依頼を受けます。また、取引しているクライアントから別のクライアントを紹介してもらうこともあります。クライアントからの信頼を得るためには本業で結果を出す必要があります。しかし、ただ結果さえ出せば信頼を得られるというほど単純な話でもありません。フリーランスになったばかりのころは、思うように継続案件を受注できない期間があるものです。案件が完全に途切れてしまう時期すらあるかもしれません。そうなると、先のことが見えずに不安な気持ちになってしまいます。そこで思い出したいのが、ビジネスマナーの重要性です。
フリーランスは会社組織に属していないことから、ビジネスマナーの型から外れてしまいがちです。気心の知れたクライアントならともかく、初めて取引するクライアント相手にマナー無視のやり方はデメリットしかありません。この点が弱いと感じたら、まずは基本のビジネスマナーの形を学んでできることから実践していくようにしましょう。

NEW TOPICS

  • システムエンジニアはなぜ稼げるのか システムエンジニアはなぜ稼げるのか

    システムエンジニアは、コンピューター関連の開発に関わるエンジニア全般のことです。努力次第で稼げるのは、学歴ではなくスキルで価値を評価されるからです。業界全体が成長産業であるということも、高収入を支える要素のひとつです。

  • 社会人としての常識を身につけておく 社会人としての常識を身につけておく

    フリーランスは会社などの組織に属していないことから、自分なりのやり方で仕事ができます。しかし、クライアントからの信頼を得るためには、社会人としての常識やビジネスマナーの基本を身につけておく必要があります。

  • メリットは?実際のフリーランスエージェントをご紹介 メリットは?実際のフリーランスエージェントをご紹介

    フリーランスエージェントには、仕事を安定させられること、営業に使うはずだった時間を有効に使えること、税金面でのサポートを受けられること、精神面でのサポートも受けられることなど、利用するメリットが数多くあります。

高単価案件を狙うならエージェント

Recommended Articles