稼ぐシステムエンジニアの基礎知識「そもそもフリーランスエージェントとは?」

稼ぎたいなら、システムエンジニア!

そもそもフリーランスエージェントとは?

そもそもフリーランスエージェントとは?

知らなきゃ損!?フリーランスエージェントのサービスについて知っておこう!

フリーランスエージェントとは

フリーランスのシステムエンジニアになったはいいものの、何をどうやっていけばいいのかわからないという人は実は多いものです。稼ぐフリーランスエンジニアの多くは、フリーランスエージェントに登録しています。では、そもそもフリーランスエージェントとはどのようなものなのでしょうか。フリーランスエージェントとは、フリーランスなら本来自分で行うはずの営業を代行してくれるサービスの提供会社です。営業だけでなく、交渉成立に至るまでのプロセスも丁寧にサポートしてくれます。応募する案件を決めると次はクライアントとの面談ですが、その際にもエージェントの担当者が同席してくれます。必要があれば面談の練習サポートも受けられます。
フリーランスエージェントで扱われている案件は、システムエンジニアやプログラマー、デザイナーなどのIT案件がほとんどで、多くが週に3日から5日ほど企業に常駐する仕事です。フリーランスエージェントに登録している人は、仕事に関する最新情報を自分でこまめに調べなくても情報収集が可能になります。目先の案件をただ受注するだけでなく、今後のキャリアを考えながらステップアップできる方法を一緒に考えてもらえます。かなり手厚いサポートが登録している限り続く上、すべてのサポートが無料で受けられるのがフリーランスエージェントの最大のメリットでもあります。

フリーランスエージェントの面談内容

フリーランスエージェントを利用するためには、登録をしてエージェント側と面談する必要があります。エージェントとの面談では、システムエンジニアとしてのスキルや経験、今後のことなどについてのヒアリングがあります。その他にも、サービスの説明やフリーランスとして働くにあたって知っておきたい点などについての説明があります。フリーランスエージェントは何社もあり、それぞれに特徴が異なります。
おすすめなのは、複数社のエージェントに登録して様子を見てみることです。他社との競争が生まれることで、より希望に近い案件を獲得できる精度が高まります。複数の担当者を比較することで、相性のいい担当者を見極めることもできます。エージェントそのものは良くても担当者が合わないということであれば、担当者変更を依頼しましょう。同じ案件でもエージェントによって提示してくる報酬額が異なるケースもあります。そのことに気づけるのは、複数のエージェントに登録している人だけです。エージェントによってマージンが異なるので、複数登録した場合にはこの点についても確認しておきましょう。

NEW TOPICS

  • システムエンジニアはなぜ稼げるのか システムエンジニアはなぜ稼げるのか

    システムエンジニアは、コンピューター関連の開発に関わるエンジニア全般のことです。努力次第で稼げるのは、学歴ではなくスキルで価値を評価されるからです。業界全体が成長産業であるということも、高収入を支える要素のひとつです。

  • 社会人としての常識を身につけておく 社会人としての常識を身につけておく

    フリーランスは会社などの組織に属していないことから、自分なりのやり方で仕事ができます。しかし、クライアントからの信頼を得るためには、社会人としての常識やビジネスマナーの基本を身につけておく必要があります。

  • メリットは?実際のフリーランスエージェントをご紹介 メリットは?実際のフリーランスエージェントをご紹介

    フリーランスエージェントには、仕事を安定させられること、営業に使うはずだった時間を有効に使えること、税金面でのサポートを受けられること、精神面でのサポートも受けられることなど、利用するメリットが数多くあります。

高単価案件を狙うならエージェント

Recommended Articles